なんたらの極致

 
 
プロフィール

longpeace

Author:longpeace
リネージュブログだけど敵対に「リネージュの記事少ないな」って言われたブログ

LongPeace(JP7/Unity 70+ Elf)

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平熱の街 

meteor.png



「メテオストライクは降りまぁす」

「ちょっと待った」

「トーテムポールが喋った」

「重力に屈するだけの悲しき隕石よ」

「何ですか唐突に」

「宇宙空間を彷徨っていた頃のお前を思いだせ」

「と、言うと」

「あの頃のお前は輝いていたはずだ」

「今のほうが燃え盛るように輝いていますが」

「あの頃のお前には夢や目標があったはずだろう」

「目標…… ですか」

「ああそうだ」

「今…… 目標というものを思い出しました」

「よかった。」

「目標かくにん!」

「ああああああああああああああああああ!!!!」




「メテオストライクは降りまぁす」

「ちょっと待った」

「はい」

「平和的解決といこう」

「と、言いますと」

「日ソ不可侵条約を結ばないか」

「どっちがソだよ」

「ああああああああああああああああああ!!!!」
スポンサーサイト

n月の兵隊 

「生存の叫びってなに?」

「情弱」

「二の丸……?なにそれ?」

「情弱」

「アーマーブレイク200m?倉庫に眠ってるんあるかも」

「情弱」

2年半~3年の時を経てアデン世界に舞い戻りしキャラクターに投げかけられるは断罪の言葉。



「無知なる私めに知識を……」

無知とは罪。



「よかろう、ならばpk知識からだ」

許されるならば贖罪を。






47509.jpg
©梅雨



「これはなんですか」

「上ドレって書いてるでしょ、見てわからない?」

「下ドレて書いてますけど」

「うるっせーな上ドレっつってんだろほねあんだろ?ほねが」



エリクサー:焼酎 により、ステータスが893に上昇。
脳内BGMではマクロスのライオンが流れだす。
生き残りたい。まだ生きてたい。
「何しに生まれたの~」って歌われたら「生まれてきてすみません」って返す程度に申し訳なく生きている。

居酒屋で座った席の目の前に「天誅」って焼酎があって、「天誅!天誅!」ってきゃっきゃ叫びながら写メとっていた。
リネージュと焼酎を知らない周りの方々は、「この女の子、可愛い顔して実は必殺仕事人なのかしら……」
と思っていたかもしれない。主水に悪を与えないでと看板に書いてあるでしょう。
これで「天誅討伐した」とかなんとか言っているらしいが、実はこの焼酎は1滴たりとも飲まず別の焼酎を飲んでいた。

実は梅雨とは大昔にちょろっと会った事あるのだけれども、



「そっちあんま変わってないな」

「そっちは変わったね、おっさんになってクソデブ(+15kg)になった」



本気のカラダ見せつけるまで私眠らねぇわこいつ……

elfのboss狩りに関する小ネタ 

何かbossを狩るぞ、って場合、非常に単純に考えれば、

・回復が間に合うか、倒しきれるまでに消耗するであろうpotを積めているか
・火力がbossのhprを上回れるか

これらを満たしていればそのうちbossを倒せるのだけれど、elfの場合は後者が結構ネックになってくる。
intふったサンバ強い、とは言っても、mpmaxという制限のせいで前衛職みたいに常に火力を保てるわけではないから。


mp切れたらもう後は物理攻撃の火力に頼るしかない、と思われがちだけれどもそうではなく、
intをあげまくったエルフの場合、そこから攻撃しながらb2sを挟み、mpがある程度回復したらサンバ、で倒せる場合がある。

実際に俺は、ギラン城ケイブに出るマモンをその方法で倒している(hp8000 mr99 hpr350 hpがある程度減ったらn-healするので、そこからのhprは400~450程度はあると思われる。powerwiki+攻略通信(笑)調べ)。
また、リッチに遭遇したのにsoscもメイプルも持っていない状態だったので、
仕方なく黒猫変身のまま弓+サンバしたらmpを使い果たしても倒せず、
mpが切れたら攻撃しながらb2sして、ある程度mpをためてからまたサンバ、とすると普通に倒せた(普通のDEモーフならmpに余裕を持って倒すことができた)。

ちなみにいずれもint43、追加sp4の場合。

「mp全部サンバにつぎ込んだのにこいつ死なねえぞカス!!!!」
「俺の物理攻撃の火力じゃ多分こいつのhpr上回れねえぞカス!!!!」
「オラちょっとintには自信あるだよ!!!!」って場合には一度お試しあれ。

白く、拘留と、稲光を伝っていくように 

LinC0006.png



「こんにちは、ギラン倉庫左上のほうにいる鳩です」

「知ってます」

「この画像を見てギラン倉庫左上の鳩だとわかるあなたは、まさか……」

「ふっ」

「†パソコンに張り付きし者†」

「ハンゲーム的センスの名前やめてくれ」

「リネージュの名前に☆とか†とかが使えたら、今頃リネージュはハンゲ化してますね」

「と、言うと」

「まず、『†龍†幽鬼w』みたいな名前のヤツに、『どこ中?w』とか聞かれます」

「聞かれたくないな」

「次に、『リアルは何してるの?w』とか聞かれます」

「……聞かれたくないな」

「切実ですね、†パソコンに張り付きし者†さん」

「ああ」

「この呼び名を受け入れて頂けましたか」

「もう諦めた」

「人生諦めが肝心ですよ」

「そうだな」

「諦めまくったから今のあなたがいるんでしょうけど」

「……」

「そろそろアナタと、この文章を書いている人が発作起こしそうなのでやめておきます」



「鳩は平和の象徴だなんて言われていますが、その平和の象徴である私、たまに攻撃されるんです」

「ただのミスクリックだ、気にするな」

「ミスクリックを装った意図的攻撃だとしたらどうしましょう」

「どうするんだ」

「どうもしません」

「中々に消極的だな」

「いえこれは単に消極的なのではありません、『平和の象徴』というレッテルを貼られたゆえの悲しい末路です」

「と、言うと」

「何か行動を起こそうにも、『私は平和の象徴なんだ』という考えが頭の中を巡ります」

「ほう」

「例えば、『アイドル』というレッテルを貼られている上戸彩さんが夜な夜なホストクラブ通いをしていたらどうします」

「特に何も」

「では、新垣結衣さん」

「別に何も」

「まゆゆ」

「まゆゆの初めては俺がいただきまゆゆするつもりだったのに……」

「ね、そうなるでしょう。だから私はホストクラブ通いなんかしないま~ゆゆ☆」

「お前鳩だろ」

「そうでした」

不安、虹色、24時、時間、拘束、倍速コードの破壊衝動。 

LinC0005.png




「はいでは、4つのグループになってください」

「先生」

「どうした」

「田口君が余っちゃいました」

「おお、17÷4は4余り1だったな」

「いえ先生それは違います、4.25です」

「じゃあ、田口を4分割する方法を考えよう」

「田口君を構成するパーツを、頭、胴体、両足、両腕にわけて考えた場合、胴体のみで田口君の50%は占めているかと思われます」

「胴体をどう扱うか、中々難しい問題だ」

「ひとまず考え方を変えてみましょう」

「ならこのチェーンソーは必要ないな」

「かぶっているジェイソンのマスクも脱ぎましょうか」




「何か別の案はあるのか」

「口+口+口+口=田 一+一+1+1=口」

「つまり田口1人から、『口一』2人、『口1』2人がうまれるわけか」

「そうです先生、ちなみに読み方は『口一』『口1』両方とも『クチイチ』で良いかと思われます」

「よしクチイチ、今できている4つのグループに1人ずつ混ざれ」

「先生」

「どうした」

「田口君、いえ、4人のクチイチ君が気絶しながら頭にクエスチョンマークを浮かべています」

「熱射病か」

「いえ恐らく先生の取り出したチェーンソーと、田口君を抽象的に取り扱ったせいかと」

「4人のクチイチを保健室に運べ」

「保健室にはベッドが1つしかありません」

「では田口を保健室に運べ」

「はい」
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。